Auto CADとは

現在の設計を考えた場合、昔のように手書きで進めることはほぼありません。制作の速度の問題もありますが、何より精度を上げるために、手書きよりもコンピューターによって作成したほうが、多数のメリットがあるからです。その設計にもちいるのが、Computer Aided Designの略であるCADです。コンピューター支援設計と呼ばれますが、効率を上げるためにもなくてはならないものとなりました。各分野によって、使われるものに違いがありますが、日本で多く使われているものの一つとしてAuto CADがあります。Auto CADは、オートデスクが発売しているCADソフトで、各分野で確固たる地位を築いているといえるでしょう。
ほぼスタンダードとして活躍しているソフトで、フリーソフトのJW_CADと人気を分けています。特に設計や建設図に関してはかなりの普及率で、価格は決して安くはありませんが、数多くのところが導入しているといっていいでしょう。
Auto CADは、他にいろいろな製品がある中で、使い勝手のいいソフトだといわれています。細かな設定ができることで、ユーザーの希望に沿うことができます。そこまでの設定ができることが、逆に足かせになってしまうこともありますが、それだけユーザビリティに優れたCADであることは間違いないのです。
導入にはかなりのコストが必要になります。廉価版でも数十万円の投資が必要なことを考えれば、簡単に導入するわけにはいかないでしょう。まずはどんなものなのかを知ることが大切ですので、知識を蓄えてみてはどうでしょうか。

▽注目サイト
プロフェッショナルなAutoCAD互換ソフトです >> AutoCAD 互換

Copyright © 2014 Auto CADを知ろう All Rights Reserved.